7 日の差さぬ村 rss : 4日目 : 07/28 07/29 07/30 07/31 08/01 08/04 12/15
昼間は人間のふりをして、夜に正体を現すという人狼。
その人狼が、この村に紛れ込んでいるという噂が広がった。

村人達は半信半疑ながらも、村はずれの宿に集められることになった。
1人目、楽天家 ゲルト。
楽天家 ゲルト 00:05
人狼なんているわけないじゃん。みんな大げさだなあ
2人目、旅人 ニコラス。
旅人 ニコラス 00:06
ハァ…ハァ…
ここまでくれば大丈夫か?人狼は振りきれた…のか…
3人目、神父 ジムゾン。
神父 ジムゾン 00:10
神の御心のままに・・・
4人目、行商人 アルビン。
行商人 アルビン 00:11
このお守りさえ持っていれば人狼に襲われないよ!安いよ!安いよ!
5人目、少女 リーザ。
少女 リーザ 00:15
狼なんか、怖くない♪
怖くないったら怖くない♪
6人目、羊飼い カタリナ。
羊飼い カタリナ 00:16
私の羊さんたちが最近いなくなっていたのは狼のせいだったのね。羊だけでなく、私たちまで...許せないわ!
行商人 アルビン 00:19
羊にも効果あるよ!
7人目、木こり トーマス。
木こり トーマス 00:21
村を荒らす奴は許せねぇだ
8人目、ならず者 ディーター。
ならず者 ディーター 00:22
ひゃははは!
狼なんざいちころだぜぇ!!
9人目、宿屋の女主人 レジーナ。
宿屋の女主人 レジーナ 00:23
まったく何の騒ぎだい。
10人目、少年 ペーター。
少年 ペーター 00:28
ボクは何かになれるだろうか?
神父 ジムゾン 00:34
嗚呼神よ、どうか私をお守りください・・
11人目、村娘 パメラ。
村娘 パメラ 00:35
怖いわ・・・。
なにも起こらなければいいのだけれど。
12人目、老人 モーリッツ。
老人 モーリッツ 00:36
この歳になれば、もうやり残したことはないわい。
13人目、パン屋 オットー。
パン屋 オットー 00:38
オットーオットーのパンいかがですか?
14人目、青年 ヨアヒム。
青年 ヨアヒム 00:40
この村にも来たんだね・・・
15人目、村長 ヴァルター。
村長 ヴァルター 00:46
み、み、みな落ち着きなさいっ
行商人 アルビン 00:55
おお、村長様。この村で商売したいんだが、許可してもらえますか?
旅人 ニコラス 00:59
(なんて事だ。噂が奴を呼び寄せるかもしれないと言うのに…)

(それにしてもこの村は、夜に星一つ見ることもかなわぬのか。まさにダークストーカーの為の…いや、よそう)
16人目、農夫 ヤコブ。
農夫 ヤコブ 01:00
人狼って、本当か!?
少年 ペーター 01:19
判らない・・・。
恐怖が人を変えてしまうのかもしれない。
そう考えると僕も・・・、
って考えて眠れないんだ。
青年 ヨアヒム 01:45
全員集まったみたいだね・・・
この中に人狼がいるってことになるのか・・・
僕はみんなを信じたいけど・・・
神父 ジムゾン 02:11
私は、世の中に嘘をつけない人間なんていないと思っていますが、
人狼はどうなのでしょうね。
少女 リーザ 02:14
嘘をつけない人は居ないけど
嘘をついた事のない人は居そうよね♪
農夫 ヤコブ 02:18
それは、俺か?
神父 ジムゾン 02:56
或いは全てが嘘、か・・
村娘 パメラ 09:03
嘘なんて吐きたくないし、吐かれたくない!
嫌よ!死にたくないわ!
旅人 ニコラス 09:21
正直者は正直に、嘘つきは嘘として「自分は嘘をつかない」と話す。

それよりも望むのは、安らかなときの流れ
老人 モーリッツ 11:24
毎日何事もなく暮らせさえすりゃそれでいいのじゃがのう
ならず者 ディーター 12:39
やれやれ・・・
まだ人狼は噂なんだろ?
噂に踊らされて、他人を疑うなんざぁ
愚の骨頂だぜぇ?
村長 ヴァルター 15:06
た、多分ただの噂ですよ。
人食いとか処刑とか突然死とか、そ、そういう物騒なのは困るよぉ。
木こり トーマス 15:25
なぜかトーマスはどこも東北弁なので、
俺は博多弁でいくばい
パン屋 オットー 18:05
夕ご飯にはパンなんていかがですか?
たべるとなんかほっとする、オットーのパンです。
村長 ヴァルター 18:25
そのパン、食べても突然死とかしないよねぇ?
大丈夫だよねぇ?
今流行ってるらしいよ突然死。
少年 ペーター 19:02
んじゃ、ボクにパンをください、オットーさん
お腹が減って死にそうだ・・・。
少女 リーザ 20:32
パンの匂いに誘われて〜♪
おーかみがいっぴき、
おーかみがにーひき♪
少女 リーザ 20:32
むーらびーとくーわれーて、あーらたーいへん♪
(手まり歌に合わせて)
農夫 ヤコブ 20:41
オットーのパンはうちの小麦を使ってるからおいしいよ。
村長 ヴァルター 20:41
リ、リーザねぇ、変な唄うたわないで欲しいねぇ。
い、い、いや、怖くはないんだよ。
他の人が怖がるかな?って…
なんたって村長だからねぇ。怖くはないよ。
木こり トーマス 20:44
歌っとる場合じゃなか。
いっこくも人狼を見つけださないかんばい。
神父 ジムゾン 22:50
パンばかり食べてるとぶくぶく太りますよ。
旅人 ニコラス 23:00
人狼が好むのはパンの匂いじゃない。
…パンを作る…人の…

今日はやけに風が重いな。
旅人 ニコラス 23:01
それに、今日も又月が見えないか。
陽光も月光も、何故にこの村を避ける…
少女 リーザ 23:18
陽光ってなーに? 月光ってなーに?
(見たことないから)
木こり トーマス 23:26
「聞いたこと」の間違いなんじゃないのかい。
さすがに見たことはあるたい
老人 モーリッツ 23:34
ヴァルターや、他の村の村長はもっと堂々としておるのになんじゃお前さんは。
。。。もっとも人狼が村長になりすまし滅びた村もあるようじゃがのう。。
パン屋 オットー 23:38
売れ残りのパンがこんなに・・・
旅人 ニコラス 23:40
そうか、世界のどこかに昼尚暗い日の差さぬ村があると聞いた事がある。ここが…
陽光とは…希望とでも言おうか。この村に太陽の恵み訪れんことを願いつつ。
少女 リーザ 23:40
今夜のシチューに入れればいいのよ。こんなもの。(パンをちぎってポイ)
旅人 ニコラス 23:42
風に乗って人ならぬものの気配が。
いつまで食せるかわからない。私もパンを頂くとします。
少年 ペーター 23:43
村長さん、頑張れ〜♪

あとオットーさんも頑張ってください(w

(僕は未来の自分を受け入れる事ができるだろうか?)
老人 モーリッツ 23:44
それならもし柔らかいパンがあれば頂こうかね。
パン屋 オットー 23:48
皆さんありがとうございます。
残り物だし皆さんにただでプレゼントです。
今日だけですよ。
少女 リーザ 23:51
あむあむ……♪
("今日しか"だよね。私知ってるんだもんね〜)
農夫 ヤコブ 23:51
じゃあ、私もいただこうかな。
池の鯉に餌を与えなくては。
ならず者 ディーター 23:53
っと、もう真夜中か。
本当に人狼がいるなら動き出すんだったか?
旅人 ニコラス 23:54
む!風の色が変わった!
かすかに人ならざるものの気配が混じっている気が。気のせいだといいのだが。
嫌な、嫌な予感がする。
少女 リーザ 23:57
(暢気に狼の影絵で遊んでる)